February 20, 2005

オジー・デイビス/マルコムX命日

5f2a8cd4.jpg

今月21日はマルコムXの命日40周年だ。
これを記念して今月
7日スパイク・リーは映画「マルコムX」のスペシャル・エディションDVD2枚組)のリリースをオジー・デイビスへの追悼を兼ねてハーレムで行った。その席にはデンゼル・ワシントン、ウェズリー・スナイプス、アル・シャープトン等オジー・デイビスに育てられたと言っても過言ではない著名人が多く集まった。オリジナルDVD
を持っているがこのスペシャル版、オリジナルには入っていないドキュメンタリーやインタビューも多く含まれているとの事で買わずにはいられない。
(その上、彼の名作スクールデイズもリリースされた
!


スパイク・リーの話題でもう1つ。
SHOWTIME
で彼が監督するオリジナル映画が放映されるので注目している。
(と書いている内に既に放映済み・・・)
タイトルは「
Sucker Free City
」でちらっと聞いたところによると、サンフランシスコのアジア人と黒人のギャングについてなんだそうだ。それだけで凄く興味深い。

実は今月ずっと一番書きたかったのは、またしても逝ってしまった偉大な人物、オジー・デイビス
(Ossie Davis)
についてだ。
4日の金曜日マイアミのホテルの一室で亡くなっているのが発見された(死因は自然死。もともと心臓の治療を受けていた)ときいて、ああ、また一人パイオニアが逝ってしまったと深い悲しみが込み上げできた。でもアフリカンアメリカンのライフにおいて、死はいつでもつきまとう。老若男女に関わらず死は常にそこにある。家族・兄弟姉妹・友人を失った時、私達は彼らを思い出しその存在を感謝し称え愛し祈る。

オジー・デイビスは
87
才だった。黒人男性にしては長かったといえるその人生。 私も彼のような素晴らしい人物と同じ時を少しでも生きることができた事を感謝してさよならを言おう。
実は彼は、私が一番逢ってみたかった俳優の一人だった。 名前を聞いてピンとこない人も彼の顔を見れば(またはあの独特の声を聞けば)きっと思い出すはずだ。<代表作は「スクールデイズ
(1988)」「ジャングル フィーバー(1991)」「ゲットオンザバス(1996)」「グランピーオールドマン(1993)
」等>
1917年にジョージア州のコッグデルに生まれ 18才の頃ヒッチハイクをしてDCに移り住んだ彼は、後に俳優としてだけでなく、公民権運動のアクティビストとしても知られることとなった。マルコムXの友人でもあり、彼の葬儀で賛辞を行ったのもオジー・デイビスその人だった。(このスピーチは映画マルコムXの中で聞くことが出来る)それから4
年後マーティン・ルーサー・キング牧師の葬儀でもスピーカーの一人を務める。 彼は公民権運動の真っ只中、セルマに、モンゴマリーに、ワシントンに、居た。 バスボイコットをし、マーチに足を運び、インジャスティスに対し声を挙げ、戦い続けた。
5
6(!!)連れ添った妻である女優のルビー・ディーの悲しみは計り知れないが、こんなに素晴らしく強く暖かい人間を私たちとシェアしてくれたことに心から感謝したい。



sistah at 10:08│Comments(4)clip!歴史・人物 

この記事へのトラックバック

1. 追悼 Ossie Davis (オジーディヴィス)  [ 国際結婚初心者日記 ]   March 04, 2005 00:16
少し前になりますが、先週金曜日TVを見ていたら 俳優のオジーディヴィスさん(87歳)がホテルで死去というニュースが… オジーさんは、俳優としてだけでなく公民権運動にも大きく貢献された方として有名で マーチンルーサーキング牧師やマルコムXとも深い交流があり
2. グローバリズム批判「ニーチェの新訳」  [ 適菜収オフィシャルブログ はさみとぎ ]   May 04, 2005 23:12
内容紹介『キリスト教は邪教です!』こんな感じです。 << キリスト教は「希望」というものを上手に使います。苦しんでいる人たちに対して、簡単に満たされて用済みになってしまわないような「希望」を、彼らの手の届かないところにわざと置くわけです。  また、キリス

この記事へのコメント

1. Posted by アキツ   February 25, 2005 12:48
えっ、『マルコムX』DVD二枚組!?
がーん……もう持っているのに……(涙)。

オジー・デイビスのお葬式はハーレムで行われ、一般者も参加できたのです。
でも、あたしはそのころ新聞を読まず、情報を逃してしまいましたの(涙)。ところが、NYのローカルチャンネルが生放送していて、見ることができました。
いいお葬式でしたよ。

実は、あたしはオジー・デイビスのこと、よく知らなかったの。
彼氏が「マルコムと仲良しで、映画でスピーチが聴ける」と教えてくれました(実際、彼の娘が葬式ではスピーチしていました)。
たくさんの、新旧を含んだ「黒人」たちがスピーチしていましたよ(クリントン元大統領がトリだった)。

お葬式が終わったあと、自転車飛ばして(笑)、会場の教会にいって、実際お葬式に参加した人と話をしたりしましたの。
キング牧師とマーチした話しとか……ちょっとした歴史を分けてもらいました。

あ、ちなみにマルコムが暗殺された場所、博物館というのか、記念館になり、一般公開される予定です(それまでは「カフェX」という、カフェだった……がーん)。
2. Posted by Sistah   March 03, 2005 09:36
**あきっちゃんへ**
そう、一般参加OKと聞いたから
ものすごく行きたかったのです・・・・涙
その上TVでも生放送だったなんて???!!!
羨ましいです、NYぅ。

自転車飛ばしていったあきちゃん素晴らしい!
今度は2ケツで後ろに乗っていいっすか?(笑)

マルコムXの記念館たしか3月にオープンすると聞いたけど
いつか絶対に行きます!(鼻息)
でもあのステージは取り壊してしまったのよね、大分前に。
中はもう完全改造しちゃったのかしら?
3. Posted by tulip4   March 04, 2005 00:16
初めまして!お散歩してたら辿り着きました
オジ−ディビス死去のニュースは
私にとってもショックでした
前に私のブログでも書いたのでTBさせて下さい

彼の功労に感謝して、心からご冥福を祈ります
4. Posted by Sistah   April 11, 2005 07:30
**Tulipさんへ**
TBありがとうございます!!
こちらからもTBしようと思いつつ
こんなに返事するのが遅くなってしまいました・・・( ┰_┰)
そちらのBlogにも遊びに行きますね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
全記事リスト
Archives
Categories
Profile
シスタ
アメリカ在住約15年のしすたといいます。
読者登録
LINE読者登録QRコード